« ミュージカル・美女と野獣 | トップページ | 今回の配役が決まりました »

2009.02.04

不朽の名作・01

(o・ω・)ノ))今日はディズニー映画の話でも

と言うのも近くのコンビニでこんな物を発見したからですが

Dvd

映画のDVDが2本づつ入ってお値段据え置きの500円sign03

・・・コマーシャルじゃないけどお勧めです(^-^;

さて、その中から今日紹介するのは・・・・・・・・・・・・

『ピノキオ』です!!キノピオ(注:マリオのキノコ被ったキャラ)ではありません!!

「あぁ~昔観たけど覚えてないな~」というそこのあなたのためにストーリを・・・

『キノピオ』

『ピノキオ』
木彫り職人のゼペットさんは、木彫りの操り人形ピノキオを人間の子にして欲しいと星に祈ります。
その夜、妖精が現れ「沢山の人を喜ばせたご褒美」としてピノキオに命を吹き込みます。
妖精はピノキオに、いい事と悪い事を学び、自分が良い子である事を証明できれば本当の子供にする事を伝えます。
ピノキオは「良心」として立候補したジミニーと共に人間としての生活を始めます。
翌朝、学校へ行く途中にファウルフェロー(またの名を正直者ジョン)とギデオンに出会い、ストロンボリーの見世物小屋に売られてしまいます。
檻の中に入れられてしまったピノキオは、妖精の助けによって逃げ出す事に成功します。
もう誘惑には負けないと心に誓ったピノキオは帰る途中、またもやファウルフェローに出会います。
ファウルフェローは今度は悪い子供達をロバにして売り払おうともくろんでいました。
ピノキオはファウルフェローにそそのかされ「プレジャーアイランド」に行きます。
プレジャーアイランドで、やりたい放題していたピノキオですが、友達がロバになり、自分もロバになりかてしまいます。
ジミニーの助けにより、耳と尻尾がロバになったところで島から出る事ができ、家へと向かいます。
家に着いたピノキオは、ゼペットが自分を探して大クジラのモンストロに食べられた事を知り助けに向かいます。
モンストロの腹の中で再会した二人はモンストロから出る方法を考え、無事に出ることに成功します。
しかし怒ったモンストロが、襲い掛かってきてゼッペットはピノキオに一人で逃げるよう言います。
しかしピノキオはゼペットを助けるために、モンストロに襲われながらも命がけで岸まで彼を運びます。
岸に辿り着いたゼペットは砂浜で横たわるピノキオを見つけます。
家に帰ったゼペットは、ピノキオをベットに寝かせ、悲しみの涙を流します。
本当に良い子だったと・・・
その時、ピノキオが光に包まれ本当の子供へと変わり、ゼペットに元気な姿を見せます。
こうして、ピノキオは本当の子供として幸せに暮らしました。

え~お疲れ様でした(笑)

僕のまとまりのない文章でどこまで思い出してもらえたか不安ですが(;;;´Д`)ゝ

大体の流れは解りましたか?

ちなみにこの作品は第13回アカデミー賞のオリジナル作曲賞、主題歌賞を受賞していますshine

『白雪姫』に次ぐ二本目の長編アニメーションとして公開されました。

調べていて気が付いたのですが、ファンタジアよりも前の作品だったんですね~∑(゚∇゚|||)

作品を観て僕が思ったのは、楽曲がどれも素晴らしいなと。今聞いても古さを一切感じない曲ばかりです!!(録音状態は無視した場合ですが)

あとは、色使いも素晴らしく感じました。

まるで絵画が動いているような映像には脱帽です!!

またディズニーにCGではなくアニメーションの映画を作ってもらいたかったり( ^ω^ )

余談

イッツ・ア・スモールワールド無いには隠れミッキーならぬ隠れピノキオがいますよnotes

探してみて下さいね!!

|

« ミュージカル・美女と野獣 | トップページ | 今回の配役が決まりました »

不朽の名作」カテゴリの記事

コメント

ずっと昔に持っていたビデオ(古い^^;)の中にピノキオがあって、まだ小さかった子供とよく見ていたのを思い出しました。
多分それは人にあげてしまったので今は見られませんが、また見たくなってしまいました。

投稿: ははだよ | 2009.02.05 07:27

<ははだよさん
僕も母に見せられた記憶がありました。
そうそう!ビデオで(笑)
手放してしまったんですか・・・
それならこのDVDお勧めです(また宣伝sweat02
抱き合わせ(笑)で「不思議の国のアリス」も付いてきますしね( ^ω^ )
近々アリスの記事も書く予定ですよnotes

投稿: k | 2009.02.06 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163969/27755249

この記事へのトラックバック一覧です: 不朽の名作・01:

« ミュージカル・美女と野獣 | トップページ | 今回の配役が決まりました »