« SEA 2009.2.21 part3 | トップページ | 番外編・ベットタイムストーリー »

2009.03.20

不朽の名作・03

今朝、両方の鼻が詰まって息が出来なくなって目が覚めましたsweat02

杉よ・・・

なぜ雄しべと雌しべが同じ花の中にあるシステムを使わなかった!!

久しぶり!!kです!!

書く事は着々と溜まってますが書く暇が無く1週間も更新が止まってましたねsweat01

さて、今日は久々にディズニー映画を紹介する「不朽の名作」シリーズです!!

Dvd  

 

 

 

Fantsia今日紹介するのはこちら

ディズニー映画の中でも異色の名作

 

「ファンタジア」です!!

この作品は、1940年に公開されました。

「白雪姫」「ピノキオ」に次ぐ3番目の長編ディズニー映画です。

写真のソーサラーミッキーは皆さんも1度は見たことがあると思います。

しかしこの作品は「ミッキーが魔法使いの弟子として活躍する」という内容では有りません。

8つの構成からなるクラシックコンサートに映像を付けた感じの作品ですね。

CDっぽく考えるとこんな感じではないでしょうか?

 

「ファンタジア」

・トッカータとフーガ ニ短調/バッハ

・舞踏組曲「くるみ割り人形」/チャイコフスキー

・交響詩「魔法使いの弟子」/デュカス

・「春の祭典」/ストラヴィンスキー

・交響曲第6番へ長調「田園」/ベートーベン

・歌劇「ラ・ジョコンダ~時の踊り~」/ポンキエリ

・交響詩「禿山の一夜」/ムソルグスキー

・アヴェ・マリア/シューベルト

 

トッカータとフーガや田園など音楽の授業で習った様な有名どころがわんさかですね~!!

世界初のステレオ映画で、当時は音楽をよりリアルに楽しめる作品だったようですね。

ちなみにパークの「ミッキーマウスレビュー」のプレショーに登場する「サウンドトラック」も紹介されます。(カットされている場合がありますが・・・)

では、今日はこの辺で!!

また今度ね~(* ̄0 ̄)ノ

|

« SEA 2009.2.21 part3 | トップページ | 番外編・ベットタイムストーリー »

不朽の名作」カテゴリの記事

コメント

素敵なDVDですよね。
音楽を楽しむためのディズニー。
今だと、音楽に映像があたりまえですが、ファンタジアが作られた時代では、画期的だったと思います。
クラシックを聴かない方でも、十分楽しめますよね。

投稿: シロクマ | 2009.03.20 11:33

ファンタジアに使われているクラシックは本当に有名どころばかりだよね!
ファンタジアは高校の音楽の授業で見たことあるんだけど、感動したのを覚えてるよ~^^

投稿: ふっきぃ | 2009.03.22 00:33

>シロクマさん
映画に音が付いただけでも当時は画期的だったでしょうから、この映画を観た人は本当に感動したでしょうねnotes
もちろん今でも素晴らしい作品です(・∀・)

>ふっきぃさん
音楽の授業で聞いたことが有る作品が1つは入ってますからね~♪♪
授業て見せるのも頷けますnotes
しかし、なんて素晴らしい高校なんでしょう(笑)
僕も授業で観たかった~( ̄▽ ̄;)

投稿: k | 2009.04.05 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1163969/28699000

この記事へのトラックバック一覧です: 不朽の名作・03:

« SEA 2009.2.21 part3 | トップページ | 番外編・ベットタイムストーリー »